外壁の塗り替えの見積もりが出されたときに点検する項目としては、重ね塗りの工程か挙げられます。近田でも基本的には重ね塗りの回数は上塗りと中塗りと下塗りの3回行います。日射をうける方角等、劣化が著しいところというのは4回作業する事もあり、いたみが少ない壁は2回になる事も考えられます。重ね塗りを何回やるかで用いる塗料の分量も費用も異なってきますのできっちりと目を通しておきましょう。見積り書では、重ね塗りを何回するかをチェックし、記述がない際には聞くようにして下さい。雑な答えを返してくる感じの所は、頼まないほうが安全です。

外壁と同様に屋根の整備も大事です。屋根というのは壁とくらべても紫外線の影響を受けるので老朽化も早くなる所なのですが、めったに目にしない場所ですし、痛みを心配する方も近田では少ないです。いたむと、中に水が入り込んで腐敗などがおきてくる時もあるため、一定期間での整備も大事になります。年数としては外壁のように7,8年位より10年前後を目安に屋根の塗り替えをやっていくのが原則ですが、瓦ぶきの場合は塗り替えをする必要はありません。