塗り替えの見積もり書が提示された時に点検するポイントとしては重ね塗りの工程があります。大東市でも通常は重ね塗りは下塗りと中塗り、上塗りの三回実施します。また、日射をうける方角等、痛みが酷い所というのは四回実施する事もあり、劣化が少ないところは二回となることも考えられます。重ね塗りを何回施すかにより塗料の分量も料金も異なってきますのでしっかり見ておきましょう。見積もり書については、重ね塗りを何回するかを注視し、記述がない時はたずねてみるようにして下さい。いい加減な答えをしてくるような会社は回避した方が賢いです。

外壁塗装業者というのは直接営業がしつこいというイメージが大東市でももたれます。広告ちらしをいれてくるのはもちろん、外壁塗装をするべきですと不意にたずねてくるケースも多くなっています。何ゆえに戸別営業が多いのかというと、その理由は建物の壁がむき出しだからです。営業担当者は、道を散策して、戸別に家の壁部分を見ていき、壁部分がいたんでいるところを探してあらわれるというわけです。手当たり次第にあらわれるのではなく、塗り替えをしたほうがよい所を見つけて営業してくるのですが、なかには、面倒な訪問営業を行っている悪徳業者もあるので気をつけましょう。