壁のように屋根のメンテナンスについても大切です。屋根というのは壁以上に日光の影響を受けますのできずつきやすくなる部分なのですが、めったなことでは見えないところですし、傷みを心配している人も名張市では多くはありません。傷ついていくと、建物の中に雨が入り腐食等が起きる時もありますため、一定期間でのメンテが重要になります。期間としては壁と同じくおよそ7,8年前後より10年前後にて屋根の塗装をやっていくのが普通ですが、瓦ぶきは塗り替えをやる必要はありません。

外壁部分にかび等が発生すると見かけがよくない以外にも、壁の素地が傷ついていると考えられます。カビ汚れはジメジメしている部分にできやすく、カビを防ぐ効き目が低い塗装材を利用している場合は早期に現れてきます。新築の際には、支出をおさえるため塗装にお金をかけられないというような事も少なくなく、そうした際には壁の素地も傷みやすくなります。もっと劣化が進むと、クラックなども起きて、名張市でも修繕の費用は大きくなってきますから、早い段階で外壁塗装を行うことがポイントです。