建物の壁の塗り替えを依頼するタイミングというのは、家を建ててから、あるいは過去の壁の塗装からの期間でいうと、普通、新宮市でもだいたい10年前後です。無論、つかっている塗料等でちがってきますが、目安としてその位です。場合によっては、建設のときに質の良くない塗料をつかっていたり、そもそも塗料そのものを利用してないケースもあって、そういったときにははやく外壁が劣化し始めるということもありがちです。外壁の塗り替えというものはひび割れ等を押さえるという意味もあるので定期的にするようにしましょう。

外壁塗装を施すときに気をつけたいのが壁色の決定です。先立って塗装の色見本をもとに決定していく形になるのですが、実際に塗装されると考えていたものとちがう色にでき上がってしまったということが新宮市でも多くなっています。小型の色サンプルで見る色の雰囲気と壁一面に塗られたものとでは印象は差が出てしまうことも少なくありません。周りの建物とのつりあいを意識してみることも重要です。基本的に、鮮やかな色だと年数が経っていくうちに色の衰えが目立ってきますので、落ち着きのある色彩を選択すると失敗が少ないです。