壁の塗り替えの見積もり書を出してもらった際に点検する箇所として、重ね塗りの作業があります。広島市安佐北区でも一般的に重ね塗りは上塗り、中塗り、下塗りの三回作業します。日差しが当たる方角等、痛みが多い場所というのは四回施す事もありますし、日光が当たらない壁については二回になる事もあります。重ね塗りを何回施すかによってつかう塗装材の量も金額も変わりますのでしっかり確認しておきましょう。見積り書については、これらを何回行うかに気をつけ、省かれているときは伺ってみるようにしましょう。不明瞭な答えをしてくる感じのところは、回避した方が無難です。

外壁と同じく屋根のケアについても必要です。屋根というのは壁以上に日差しをうけますので傷つきやすくなるところなのですが、めったに目にしない所ですし、老朽化に敏感な人も広島市安佐北区では多くはありません。古くなると家の中に水分が入り込んで腐敗等が起きるときもありますので、何年かごとの管理も必須です。時期は壁と同じく七年くらいより10年くらいで塗り替えをやっていくというのが通常のやり方ですが、瓦ぶきの屋根は塗り替えを行う必要はありません。