外壁にかび汚れなどが発生すると外観が汚いだけでなく、塗装が傷んでいると思って大丈夫です。カビ汚れは日影の所につきやすく、防かび剤の効力が弱い塗装をつかっている場合は早い段階で現れてきます。家を建てる際は、経費を削るために塗装材にお金をかけられないというような事も珍しくなく、それらの時には塗装材も傷つきやすくなります。さらにいたむと、ヒビ割れ等もおきて、さいたま市浦和区でも修繕料金は高めになってきますので、早期に外壁の塗り替えを行うことが大事です。

壁にツヤがなくなってきたら外壁の塗装のタイミングが来ていると考えてください。外見がおとろえてきているということは塗膜の外側が日光などで樹脂を破壊されてしまっているという事になります。一部分だけ塗装がとれてしまっている場合も同様になります。もっといたんでいくと、壁を触ったときに塗装が手に付着するようになります。これを塗膜の白亜化といい、さいたま市浦和区でもこのようになったら外壁の塗り替えの時機とされています。