壁の形としては、モルタルの壁やサイディング材というのが八潮市でも普通で、それ以外だとトタンや板ばり等となっています。モルタルの壁はセメントと砂等を練り合わせたモルタルを職人が塗って、塗装して完成させるといった方法でサイディングが現れるまでは多数をしめていました。この頃の大半はサイディングを使用した外壁になり、先に工場等にて作成されたサイディング材という壁材を貼り合わせるように仕上げていきます。両方の壁も何年かごとの外壁塗装が必要であることでは変わりはありません。

塗り替えの見積り書が出た際に目を通す箇所として重ね塗りがあります。八潮市でも一般的には重ね塗りの回数というのは上塗りと中塗り、下塗りの三回作業します。ただ、太陽光があたる南の方角など、減衰が激しい場所というのは4回実施する事もありますし、傷みが少ない壁は2回になる事もあります。重ね塗りを何回行うかにより使う塗装材の量も代金も変わってきますのでしっかり確認しておきましょう。見積り書については、これらの回数に気をつけ、書かれていない場合は訊ねてみるようにしましょう。うやむやな受け答えをしてくるような業者は依頼しない方が賢いです。