多摩境でも外壁塗装には外見をかっこよくしておくといった目的だけにとどまらず、元々は建物をおおって守るのが狙いです。壁というのは塗装の皮膜にてカバーすることで保護されているのですが、年数が経つといたみ、ひび割れが起きたりします。そのようになってくると建物を守る事がむずかしくなり、壁板等の建物の内側にまで痛んでいくこともあります。壁の素地が劣化してから外壁塗装を施すのでは手遅れなので、そうしたことを防ぐために定期的な外壁の塗装作業は必須です。しっかりとメンテナンスを行っていく事により建築物の価値も高くなります。

外壁の分類としてはモルタルとサイディングボードが多摩境でも多く、それら以外だとトタンや板などとなっています。モルタルはセメントや砂等を混ぜて作ったモルタル材を左官職人が壁に塗り、さらに塗料を塗って完成させる工法で、サイディング材が普及する前は日本の家屋の主流でした。最近の主流はサイディングをつかった外壁で、さきに作業場などにて作られたサイディングと呼ばれる外壁材を貼り合わせるように仕上げていきます。両方の壁も何年かごとの外壁塗装は不可欠であることでは同じです。