外壁と同じく屋根の手入れも必須になります。屋根というのは壁とくらべても日差しにさらされるので傷みやすい所なのですが、ほとんど目に入らない場所ですし、傷みを心配する人も田川市では多くありません。傷ついていくと、家の中に雨が入ってきてかび等がおきてくるときもありますため、何年かおきの管理が不可欠になります。時期はというと外壁と同じく七、八年程度より10年前後を目安に屋根の塗り替えを行うというのが通常のやり方ですが、日本瓦の屋根は塗り替えをやる必要はありません。

見積もりの際に確認する箇所として下地処理をするケレン作業があります。今の塗装材の塗膜を落として外壁の状態の調整をする作業で、これらの施工を省略してしまうと、塗り替える塗料がしっかりと機能を果たせなかったり、早期にはがれ落ちたりすることも多いです。田川市でも、下地調整を行うケレン作業というのは労力がかかってくるので、中には、この工程をやらないでおく業者も存在するので注意しましょう。作業日程が極端に短期間だったり、料金がかなり安上がりな場合は、下地調整をするケレン作業の有無をチェックしましょう。省略されている際には訊ねてみるようにしてください。