外壁が汚れてきたら、塗り替えの時期であると思って大丈夫です。外観がちがっているのは塗膜の表層が日光等で組織が離脱してしまっているという事です。塗膜が剥落してきているときも同じです。よりいたむと壁を手で触れたときに塗料がついてくるようになります。このことをチョーキング現象といい、三重郡川越町でもこの症状になったら外壁の塗装の時期と判断してください。

外壁の種類はモルタルとサイディングが三重郡川越町でも多く使われ、それ以外だと板張り等です。モルタル外壁というのは、セメントや砂と水等を混ぜ合わせたモルタルを職人が塗って、その上に塗装して仕上げるというような工法で、サイディングがあらわれるまでは日本家屋の多くをしめていました。このごろの大半はサイディングボードを使用した外壁となり、さきに加工場などで生産されたサイディングと呼ばれる外壁材を貼りこんでいく形で作り上げていきます。どちらも定期的な外壁の塗装作業は欠かせないという点では変わりません。