外壁部分に生じる症状には、ひび割れ、カビやコケ等がよくあります。ひび割れは建物のゆがみ等が起因して生じますが、たいていの場合では修復可能です。カビやコケは湿気の多いところに生じやすく、塗料の防かび剤の効果が低かったりすると起きます。早急になんとかすべきものではないですが見栄えも悪いですし、その状態のまま何もせずにおくと傷ついてしまいますので塗り替えをすることも考えられます。塗膜がはがれるといったことは押上でも多くはないのですが、ほとんどの場合は作業のミスによるものです。

家の壁のタイプとしては、モルタルの壁、サイディングというのが押上でも通常で、そのほかだとトタンや板などです。モルタルは砂石やセメント等を練ったモルタル材を左官屋さんが塗って、塗装材を塗って作るというやり方で、サイディングボードが普及する前は日本家屋の多数派でした。近年の多数派はサイディング材をつかった壁ですが、先に加工場などで作成されたサイディングボードと言われる壁材をくっつけていくように作り上げていきます。両方の壁も定期的な外壁の塗り替え作業が大切であるという点では同様になります。