壁部分が色あせてきたら、塗り替えの時機だと判断できます。外見が劣化してきているということは、塗装材の表面が雨風などの影響で組織を分解されてきているということです。塗料が取れてしまっている時も同様になります。さらに傷つくと、外壁を指で触れた時に塗装が手についてくるようになります。このことを塗料の白亜化と言い、高松市でもこの現象が起きたら外壁塗装のタイミングと判断してください。

外壁に起きる異常としては、ひびとかカビ等があります。ひび割れはというと乾きや家のズレなどが要因でおこりますが、たいていの場合で修復は可能です。かびというのは日影の所に生じやすく、塗装材の防かびの効力が弱かったりしたときに起こります。すぐになんとかしなくてはいけない事態ではありませんが見た目も良くないですし、そのまま放置しておくと、いたみはじめますので壁の塗り替えを検討するのもありです。塗料が落ちるというケースは高松市でも少ないのですが、たいていのケースは塗装時のミスによるものです。