塗り替え業者はいきなりやってきてうんざりするといった印象をもつ人が大阪市北区でも多いです。たちの悪い訪問営業を行っている悪徳業者もあるため気をつける必要がありますが、家の壁をチェックして壁の塗り替えが必要だと思っておとずれる業者もいます。現実問題として、外壁部分のいたみをそのままで放置しておくと家屋というのははやく老朽化してしまいますし、早い段階での塗り替えは大切です。見かけを綺麗に保持するというようなねらいはもちろん、建造物を守るためにも外壁の塗装は大切であるということをしっかりわかっておくことも持ち家オーナーとしては重要です。

家の壁の型はモルタルやサイディングボードというのが大阪市北区でもたくさん使われ、そのほかだとトタンや板ばり等があります。モルタルは砂やセメントなどを混ぜて作ったモルタルを職人さんが塗りつけて、その上に塗料を塗って仕上げるというもので、サイディングボードが開発される以前は日本家屋の大半をしめていました。今の主流はサイディング材を使用した外壁で、先立って加工場などにて生産されたサイディング材と言われる外壁材を貼っていくように施工するものです。二タイプとも定期的な外壁の塗り替えが必須であるという点では同じです。