見積りのときに点検する点としては下地調整をするケレン作業があります。今の塗装の油膜を取り除いて壁の具合を調整する工程で、この施工を省くと塗り替える塗装材がしっかりと機能しなかったり、短い年数ではがれてしまったりします。知立市でも、下地処理は労力がいるため、これらを飛ばすところもあるようなので気をつける必要があります。施工日程がものすごく短期間だったり、費用が非常に安上がりなときは、下地処理を行うケレン作業のありなしを注視してください。記述がない時は訊ねるのがよいです。

壁には、サイディング材と呼ばれる人造の壁も知立市では多く利用されています。サイディングボードはメンテナンスをしてなくても良いというイメージをもっている方もたくさんいるようですが、モルタルのように外壁塗装は必須です。十年位で塗装をすれば、だいたい三十年くらいは使えますが、塗装をせずにいると早い段階でひび等の異常により使用できなくなってしまいます。サイディングでも表面は塗装の皮膜で守られているということに違いはありません。