壁の外側にコケなどがあると見栄えがよくないのみでなく、塗装材が傷ついてきていると考えて大丈夫です。カビやコケは湿気だらけのところにできやすく、防カビの効果が弱い塗装材にて施工されている時は早い年数ででてきます。家を建てる時には、諸費用をカットするために塗料の品質を低くするというようなケースも珍しくなく、それらのときには塗装材の劣化も早いです。より傷つくと、ヒビなども生じ、長岡郡本山町でも修復費用が高くなりますから、すぐにも外壁の塗り替えをする事が必要です。

外壁の塗装の広告ビラを見てみると十年保証というようにうたっている会社も長岡郡本山町では多いようです。十年間もあれば満足だという方も少なくないですが、確認しておきたいのはそれらの中身になります。だいたいのケースでは保証の対象となるのは壁の所だけで壁から塗料が落ちてしまった時のみ保証されます。しかしながら、壁から塗装がはがれてしまうというようなことはめったにないですし、壁にくらべてとれてしまいやすい木部やトタンなどのところは十年保証の対象にはならず、長くても数年位といった保証の中身である場合が大部分です。