壁部分にコケ等がでると見栄えが悪いだけでなく、塗装材が傷んできていると判断できます。苔は太陽が当たらない部分にでやすく、かびを防ぐ効き目が弱い塗装を使用しているときは早い年数で発生します。新築の時には、費用を削減するため塗装の品質を下げるといった事も少なくなく、そういったときには塗装の老朽化も早くなります。より傷ついていくと、ヒビ割れ等も起きて、北茨城市でも修繕の料金は大きくなりますから、早い段階で塗り替えを施す事が大切です。

塗り替えを行う時に注意したいのが壁色の決め方です。前もって塗装の色サンプルをもとに選ぶのですが、塗装すると思っていた色と違うようにでき上がってしまったというようなことが北茨城市でもよくあります。小さな色サンプルの色のフンイキと壁全体に塗られたものとでは印象は差が出ることも少なくありません。まわりの家とのつりあいを心に留めることも重要になります。基本的に、鮮烈な色彩にすると年数とともに色の減衰がでてくるので、おだやかな色彩を選択すると失敗が少ないです。