家の壁の種類は、モルタルとサイディングボードが比企郡嵐山町でもたくさん使われ、それ以外にはトタンや板ばり等になります。モルタルの壁というのは、セメントや砂石などをまぜたモルタルを職人が塗って、その上に塗装材を塗って作り上げるといった方法でサイディング材が登場する前は大多数をしめていました。最近の主流はサイディングをつかった壁となり、あらかじめ工場等にてつくられたサイディングボードと言われる外壁材を貼り付ける形で完成させていきます。いずれの壁も定期的な壁の塗り替え作業は大切であることでは同じになります。

比企郡嵐山町でも外壁塗装は外見を美しく保持するというようなねらいもあるのですが、元々は建造物を防水してガードすることが狙いです。壁というのは塗装の皮膜にて覆うことで保全されているのですが、年数が経つにつれ劣化が進み、ひび割れを起こしたりしてしまいます。そのような感じになってくると家をガードすることがむずかしくなって、柱などの家のつくりまでいたんでいく可能性がでできます。壁の下地の劣化が進んでから塗り替えを行うのでは遅いですから、そのような状態を回避するためにも周期的な壁の塗り替えは不可欠です。しっかりと整備をしていく事により建造物の価値も高くなります。