建物の外壁の種類では、モルタル、サイディングボードというのが恵庭市でも多く、その他だとトタン等です。モルタルの壁というのは、砂石とセメント等を練り合わせたモルタル材を職人さんが塗って、そこに塗装して完成させるというようなやり方で、サイディング材が登場する前は日本の家屋の大部分をしめていました。最近の大半はサイディング材を使った壁で、さきに作業場などで作られたサイディングと言われる壁材を貼っていく形で作っていきます。どちらの壁も定期的な外壁の塗り替え作業は不可欠である点では変わりはありません。

壁のように屋根のメンテも必要になります。屋根は外壁とくらべても日光の影響を受けますのできずつきやすくなるところですが、そうめったには目に入らない場所ですし、いたみを気にする方も恵庭市では多くありません。古くなると家の内側に雨が染みこんで腐食等がおきてくる場合もあるので、一定期間でのメンテが不可欠です。期間としては外壁と同様に7,8年位から10年くらいで塗り替えをしていくというのが多いですが、瓦ぶきの場合は塗り替えをやる必要はないです。