外壁のように屋根のメンテナンスも大切です。屋根というのは壁と比較しても日光の影響を受けるので老朽化も早い部分ですが、ほとんど見ない所ですし、いたみを心配している人も球磨郡湯前町では少ないです。老朽化が進むと内部に雨水が入って腐食などが起きてくる事もありますため、周期的な管理が重要です。サイクルはというと壁と同じように七、八年位より十年くらいにて屋根の塗装を行うのが通例ですが、瓦の場合は塗り替えをやる必要はありません。

外壁部分の外側にかび汚れなどが生じると見かけが良くないのみでなく、壁の素地が傷ついていると考えて大丈夫です。かびは湿度の高い場所に生じやすく、防かびの効力が低い塗料を使用している時はすぐにも現れてきます。家を建てる時には、支出を削減するために塗装材の品質を落とすといった場合も多く、それらのときには塗料の劣化も早くなります。よりいたんでいくとクラック等も起きて、球磨郡湯前町でも修繕の料金は大きくなってきますから、すぐにも壁の塗装を施すことが必要です。