壁に発生する症状には、ひび割れとかカビ汚れ等が挙げられます。ヒビというのは家のゆがみなどがきっかけで起きますが、多くのケースでは修理は可能です。カビ汚れというのはジトジトした所にできやすく、塗装のカビを防止する効力が低かったりした時に起こりがちです。切迫してどうにかする問題ではありませんが見かけもよくないですし、そのままで何もせずにいると劣化してしまいますので壁の塗装をするのもありだと思います。塗装の塗膜が剥落するといったケースは東大和市でも多くないのですが、多くの場合は塗装時の間違いによるものです。

外壁にツヤがなくなってきたら外壁の塗装の時期になったと考えていいです。外観が劣化してきているのは塗膜の表面が太陽光等によって組織を壊されてきているという事になります。一部だけ塗料が剥落しているケースも同様です。さらに劣化が進むと外壁部分を接したときに塗装がついてくるようになります。これを塗膜の白亜化といい、東大和市でもこうなったら外壁の塗り替えの時機と思っていいです。