外壁の形は、モルタルやサイディング材というのが祇園でも多く使われ、他にはトタンや板等となります。モルタルの壁は、セメントや砂等を練り合わせたモルタルを左官屋が壁に塗り、その上に塗装して施工するもので、サイディングが現れる前は日本の家の多数をしめていました。このごろの大半はサイディングを用いた外壁となり、先に作業場等にて作成されたサイディング材という外壁材を貼り付けるように完成させていきます。二つとも周期的な壁の塗装作業が必要であるということでは変わりはありません。

外壁にカビなどが発生すると見かけが汚いだけにとどまらず、塗装が劣化していると思って大丈夫です。かびは湿気の多い場所に発生しやすく、カビを予防する効き目が弱い塗料を使用している場合はすぐにもあらわれます。家を建てるときには、必要経費を節約するために塗装材の品質を落とすケースも多く、そうした時には壁の素地もきずつきやすくなります。もっと老朽化すると、ヒビ等も起きて、祇園でも補修の料金が高額になりますので、すぐにも壁の塗装をすることが大切です。