建物の外壁部分に汚れが目立ってきたら外壁の塗装のタイミングだと判断できます。見かけが変わってきているということは、塗膜が風雨等により組織を壊されてしまっているということです。一部だけ塗料が剥落してきている時も同様です。よりいたんでいくと外壁を手でふれた時に塗装が手につくようになります。このことを塗装の白亜化といい、名西郡石井町でもこのような様子になったら外壁塗装の時期と考えていいです。

壁と同様に屋根の手入れについても必須になります。屋根は外壁と比較しても日光を受けるのでいたみやすい所なのですが、そうそう目にすることはない部位ですし、傷みを気にしている方も名西郡石井町では少ないです。劣化が進むと、建物の内側に雨が入り込んで腐敗などの要因になるケースもありますため、何年かおきのケアも大切になります。サイクルはというと壁と同じくだいたい7,8年位より十年程度を目安に屋根の塗装を施すのが原則ですが、瓦ぶきの屋根は塗り替えを行う必要はありません。