壁の塗り替え業者は飛び込み営業をしてくるといったイメージが廿日市市でも持たれています。ポスティング広告を配布することもあるのですが、塗り替えをすべきですという感じにとつぜん現れることも少なくありません。何故直接営業ばかりするのかというと、そのわけは外壁が道路からむき出しだからです。業者の営業は住宅街を散策して、それぞれの建物の壁をチェックしていって、外壁が劣化している住まいを選んでたずねてくるのです。順番に回って営業してくるというわけではなく、壁の塗り替えをするべき所を選択して営業をかけているのですが、なかには、面倒な飛び込み営業を行うような会社もあるため気をつける必要があります。

壁部分には、サイディングボードと呼ばれる外壁も廿日市市では一般的に使われています。サイディング材ならばケアをしなくてもいいという印象をいだく人も多いと思いますが、モルタルと同じく壁の塗装は必要です。およそ10年位で塗り替えをすれば、約30年位は利用できますが、塗り替えをせずにいると早々にクラックなどのような異常によって利用できなくなってしまうこともあります。サイディング材も表面は塗装によって保全されている事は同様なのです。