持ち家の外壁の塗り替えをしてもらう時機というのは、家ができてから、あるいは以前の塗り替えからの期間でいうと、一般的に日光市でも十年前後です。塗料などで差はでますが、目安としてそんな感じです。時には、建築時に質の低い塗装材 で済ませていたり、元々塗料を使用してない事もあって、そのような時はどんどん外壁が傷ついてしまうといった事も珍しくありません。塗り替えというものはひび割れ等からガードするといった狙いもあるので、必ず行うようにしてください。

壁の塗装の見積もり書を出してもらったときにチェックするポイントとしては、重ね塗りが考えられます。日光市でも通常重ね塗りの回数は三回実施します。ただ、紫外線があたる側など、減衰が酷い壁については四回やる事もある一方、太陽光が当たらない所は2回になることも考えられます。重ね塗りを何回やるかで用いる塗料の分量も金額もちがってきますのでしっかり確認しましょう。見積もりについては、これらの回数をチェックし、記載がない場合は伺ってみるようにして下さい。あやふやな返答をしてくるような所は、別の会社にしたほうが無難です。