建物の外壁の塗装をする時期というのは、完成してから、または過去の外壁の塗装からの年数でいうと、通常、室戸市でも十年くらいです。無論、立地条件などにもよりますが、基準としてそのような感じです。なかには、建築のときに質が悪い塗料で済ませていたり、塗装材 さえもつかってない場合もあって、そのときはたちまち外壁が傷ついてしまうというようなことも珍しくありません。外壁塗装はひび等からガードするという狙いを持ちますので一定期間でするようにしましょう。

見積もりのときに見ておくポイントとして下地調整を行うケレン作業が考えられます。これまでの塗装をのぞいて壁のコンディションの調整をする作業で、この作業を省略してしまうと、新たな塗料がきちんと機能を果たせなかったり、すぐに剥がれ落ちたりすることもよくあります。室戸市でも、下地処理のケレン作業は時間がかかってくるため、なかには、この工程を飛ばしてしまうところもあるので気をつける必要があります。施工日程が非常に早かったり、代金がとても格安な時は、この施工を行っているかを確認しておきましょう。記載していない時は伺ってみるようにしましょう。