壁部分が色あせてきたら、塗り替えの時機が来ていると思って大丈夫です。外見が変化してきているということは、塗装材の外層が風雨などによって組織を壊されてきているということになります。部分的に塗料が剥がれてしまっている場合も同様です。よりいたむと外壁を接した際に塗装がついてくるようになります。これらを白亜化と呼び、宮崎市でもこうなったら塗り替えの時期と考えてください。

外壁の塗装業者というと直接営業ばかりしてくるというようなイメージが宮崎市でももたれます。ポスティングちらしをいれてくることもあるのですが、壁の塗り替えをすべきですという感じで直接おとずれる場合も多いと思います。どういうわけで飛び込み営業をしてくるのでしょうか。それは建物の壁部分が道からむき出しだからです。セールス担当者は道路を歩き、戸別に壁を確認していき、外壁部分が傷ついている住まいを選択して訪問しているのです。全部の家に営業をかけているのではなく、外壁の塗装をすべきところを探しておとずれるのですが、場合によっては、面倒な直接営業をするような悪徳業者もあるので注意しなくてはなりません。