見積もりのときに気をつける観点としては下地処理を行うケレン作業があります。前の塗装材の膜を除去して壁の下地を整えておく工程で、この工程を省いてしまうと、新たな塗装材がきちんと効き目を出せなかったり、早い年数で落ちてしまったりすることもよくあります。魚沼市でも、下地調整というのは労力が発生するため、なかには、この施工をしない業者も存在するので注意が必要です。期間がかなり短期間だったり、金額がものすごく格安だったりする際には、この作業のありなしを確認しておきましょう。省かれているときは訊ねてみるようにしてください。

壁部分には、サイディングボードというボード状の外壁材というのも魚沼市では一般的につかわれます。サイディングボードは手入れをせずにOKだというようなイメージを抱く方も多数いるようですが、モルタルの場合と同じく外壁塗装は大切です。だいたい10年くらいで塗り替えを施していけば、三十年程度は長持ちしますが、塗り替えをせずにいると早々にヒビ等のような問題によってつかえなくなります。サイディング材も外層は塗装材で保護しているということに違いはありません。