外壁の塗り替えの見積もり書が出された時に注視しておく項目として重ね塗りが考えられます。奥新川でも通常は重ね塗りの回数というのは上塗り、中塗り、下塗りの三回実施します。太陽光をうける南の方角など、劣化が著しい場所は四回実施することもありますし、日射が当たらない所については2回になることも考えられます。重ね塗りの回数によって使用する塗料の料金も変わりますのできちっと確認しておきましょう。見積り書については、これらを何回するかを注視し、省かれている場合は聞いてみるのがよいです。うやむやな返答をしてくるような会社は、頼まないほうが安全です。

外壁にはサイディングと呼ばれる板上の外壁材も奥新川では一般的に使われます。サイディング材というのは整備をせずにOKだという印象を持っている方も多数いるようですが、モルタル外壁の場合と同じく壁の塗装は不可欠です。およそ十年前後で塗り替えを施せば、三十年くらいは大丈夫ですが、塗装をしないままでいると早い段階でヒビ等といった異常により利用できなくなります。サイディングであっても表層は塗装の塗膜によって保全されているということは変わらないのです。