建物の壁にはサイディングボードと呼ばれる板上の壁も北葛飾郡杉戸町では一般的に用いられます。サイディングならばケアがいらないというイメージをもつ方も多いですが、モルタルの場合と同じく外壁塗装は欠かせません。およそ10年前後で塗り替えを施せば、30年前後は長持ちしますが、塗り替えをしないと早い段階でヒビ割れ等といった異常でつかえなくなってしまいます。サイディング材も表層は塗料で保全されていることは同様なのです。

建物の壁の塗り替えを依頼する時期は、建築してから、もしくは過去の壁の塗り替えからの年数でいうと、基本的に北葛飾郡杉戸町でも約10年程度になります。無論、場所などで差はありますが、基準としてそれくらいになります。なかには、建設の時に粗悪な塗装材 を使っていたり、そもそも塗装材 を利用していないケースもあり、そういった場合はたちまち外壁部分が劣化し始めるというようなことも少なくありません。外壁の塗り替えはクラックなどを押さえるというような役割もありますので必ず行ってください。