外壁のように屋根のメンテも大切です。屋根は外壁とくらべても風雨を受けますのできずつきやすくなるところなのですが、いつもは見えない箇所ですし、劣化を気にかけている人も新大久保では多くはないです。傷つくと、建物の中に水が入り侵食などが発生してくることもあるため、一定期間でのメンテが大事です。期間はというと壁と同様に七年くらいから十年程度にて屋根の塗装をやっていくのが一般的ですが、瓦ぶきの場合は塗り替えは不要です。

外壁部分に発生するトラブルには、ヒビ割れやカビ汚れ等が挙げられます。クラックは建物の歪み等によりおこりますが、たいていのケースで修理できます。カビやコケはというと湿気だらけの場所に生じやすく、塗装の防かびの効き目が低かったりするとおきます。早急になんとかしなくてはいけないものではないのですが美観も汚いですし、そのまま放置していると劣化しますので塗り替えを検討することも選択肢になります。塗装の皮膜が剥がれるということは新大久保でも多くはないですが、多くのケースは施工上のミスです。