外壁塗装を行う時に念入りにしたいのが壁色の選択になります。事前に塗料の色見本にて選択していく形になるのですが、塗装すると思っていたものと別物にでき上がったという事が水戸市でもありがちです。見本で見る色の雰囲気と外壁すべてに塗装された色とではイメージは違ってきてしまうことも多々あります。近所の家の色彩との釣り合いを心に留める事も大事です。基本的には、鮮明な色を選ぶと時が経つにつれて色の劣化が出てくるので、おだやかな色にすると無難です。

外壁の種類としてはモルタルやサイディング材というのが水戸市でも多く使われ、そのほかだとトタンや板などとなります。モルタル外壁は、砂石とセメントなどをまぜたモルタル材を左官屋さんが壁に塗りつけて、そこに塗装材を塗って仕上げるという方法でサイディングが開発される以前は多数派でした。この頃のほとんどはサイディングボードを使った外壁で、さきに作業場などにて作られたサイディングという外壁材を貼り付けるように施工するものです。両方とも周期的な塗り替えが欠かせないという点では違いはないです。