日野市でも壁の塗り替えには外観を綺麗にしておくといった意味に限らず、本来は建築物をおおってガードするのがねらいとなります。壁というのは塗料でおおうことによって保護しているのですが、時が経つといたみ、はがれたりしてしまいます。そんな風になってくると建築物を維持する事がむずかしくなって、壁板等の建築物の構造にまで傷つくこともあります。壁の下地が劣化してから塗り替えをするのでは手遅れですから、そうしたことを防ぐために早い段階での外壁の塗装は必要です。しっかりと管理を行っていくことにより住居の資産価値も保てるのです。

壁のように屋根のメンテナンスも必須になります。屋根というのは壁と比較しても日光をうけるので劣化も早い部位なのですが、めったなことでは見えない部位ですし、痛みを心配している人も日野市では少ないです。老朽化すると建物の内部に水分が染みこんで侵食などの要因になる場合もあるため、何年かごとの手入れも必要です。時期は外壁と同じく7,8年前後から十年前後で塗り替えをするというのが通常ですが、瓦ぶきの屋根は塗り替えはしなくても大丈夫です。