壁にコケなどがでると外見がよくない以外にも、壁の下地が劣化していると判断していいです。カビ汚れは太陽光が当たらない所に発生しやすく、防かび剤の効力が低い塗装材をつかっている時はすぐにも現れてきます。家を建てるときには、経費を抑えるため塗料にお金をかけられないというような場合も多々あり、そのようなときには塗膜も傷みやすくなります。もっと傷つくと、破損等も起きて、花巻市でも補修費用は高めになってきますので、早い段階で外壁塗装を施す事が大事です。

外壁と同じように屋根の管理も不可欠になります。屋根というのは壁と比較しても風雨の影響を受けますので傷つきやすくなる所ですが、あまり目にしない箇所ですし、いたみを危惧する人も花巻市では多くはありません。老朽化すると建物の内部に水がしみこみかびなどが起きることもありますため、一定期間でのケアが大事になります。期間としては外壁のように7年位より十年位を目安に塗り替えをやっていくのが一般的ですが、日本瓦の場合は塗り替えは不要です。