建物の外壁の種類では、モルタル外壁、サイディングボードが国分寺市でも多く使われ、それら以外にはトタンや板ばり等があります。モルタル外壁というのは、セメントや砂などをかき混ぜたモルタルを左官屋さんが壁につけて、そこに塗料を塗って施工するやり方で、サイディングがあらわれるまでは大部分をしめていました。今の主流はサイディングボードを使用した外壁ですが、あらかじめ工場などにて製造されたサイディング材と呼ばれる外壁材を貼り合わせるように施工します。どちらの壁も何年かおきの塗り替えが不可欠であるという点では同様です。

建物はできた時から古くなり始めていますので、定期的に維持管理をしていくことが国分寺市でも必要です。特に家の壁部分はいつも雨風にさらされながら、次第次第にいたんでいきます。そのままでほったらかしていると壁部分にヒビ割れが入ってしまう等、修復作業が必要になってしまいます。建物の外壁が劣化するのを止めるには周期的な外壁塗装が大切です。塗り替えというものは見かけをきれいにしておくことはもちろん、外壁を強化してヒビなどからガードするといった狙いも持ち、結果として修復の料金等を節約できます。まだきれいなので要らないといった事でなく、家を守るために不可欠な手入れになります。