塗り替えについてのビラに十年間保障ですというように記述してあるところも古賀市では多くなっています。10年もあれば十分だと感じる方も大勢いますが、見ておきたいのはその中身です。ほとんどの場合は対象となるのは壁のところだけで壁から塗装が剥がれ落ちてしまったときのみ対象となります。しかしながら、壁から塗料がとれてしまうケースはそうそうないですし、外壁よりもはがれ落ちやすいトタン等の場所は十年間保証と認められず、長くても数年前後といった保証の内容の事が大部分です。

壁の塗装についての見積もり書が出された際にチェックする点としては、重ね塗りの回数が考えられます。古賀市でも基本的には重ね塗りというのは下塗りと中塗りと上塗りの三回行います。ただ、紫外線が当たる方向等、減衰が多い所というのは四回作業することもありますし、日光が当たらない所は二回となることも考えられます。重ね塗りを何回施すかで塗装材の金額も違ってきますのでしっかりチェックしましょう。見積り書では、これらを何回するかに気をつけ、省かれている時は質問するようにしましょう。適当な応対をしてくる感じの会社は、避けた方が無難です。