壁部分にはサイディング材という人工の外壁材というのも下呂市では頻繁に用います。サイディングボードであればメンテをせずにOKだというようなイメージをもつ人も少なくないですが、モルタルの場合と同様に壁の塗装は必須です。だいたい10年前後で塗装を行えば、30年位は使えますが、塗装をしないままでいると早めにヒビ等といった症状によりつかえなくなってしまいます。サイディング材でも外層は塗装により守られていることに変わりはありません。

下呂市でも壁の塗装は見栄えをかっこよくしておくねらい以外にも、そもそもは家を耐水して守る事が役割です。壁というのは塗装の皮膜にておおうことにより保護しているのですが、時間が経つにつれていたんでいき、ヒビが入ったりしてしまいます。そのような感じになってくると家を維持することが困難になり、下地などの建物の造りまでいたんでいくことも考えられます。外壁が傷ついてから外壁の塗装を行うということでは手遅れなので、そうしたことを避けるためにも早い段階での外壁塗装が欠かせません。正しくメンテナンスをしていくことによって建造物の資産価値も保てるのです。