家の外壁に発生する異常としては、クラック、カビ汚れなどがよく見られます。ヒビは乾燥状態や家のひずみ等が起因して生じますが、多くの場合で修繕可能です。かびについては湿度の高い所にでやすく、塗料の防かびの効力が弱かったりすると起こります。すぐになんとかする症状ではありませんが表向きも悪いですし、そのままで何もせずにいると傷つき始めますので外壁の塗装を検討するのも考えられます。塗膜が取れるという事は千代田区でも多くはないのですが、ほとんどのケースは作業の過失によるものです。

壁と同様に屋根の整備についても必須です。屋根は外壁と比べても日光にさらされるのでいたみやすい部分なのですが、あまり目に入らない場所ですし、いたみを心配している人も千代田区ではわずかです。傷ついていくと内部に雨がしみこみ侵食などがおきてくるときもありますため、一定期間でのメンテナンスも重要です。年数はというと外壁のように七年程度から10年くらいを目安に屋根の塗装をやっていくのが通常のやり方ですが、日本瓦の屋根は塗り替えをする必要はありません。