壁の塗装を行うときにきちんとやっておきたいのが壁色の決め方です。先立って塗装材の色見本にて決定するのですが、塗装すると思っていた色と異なった風に出来上がってしまったというような事が宇都宮市でも少なくありません。小さなサンプルで見る色と外壁全体に塗装された色では印象は差が出てしまうことも珍しくありません。周辺の建築物の色彩との釣り合いをイメージする事も大切になります。通常、ヴィヴィッドな色の場合は年月が経つにつれ色あせが出やすいので、落ち着きのある色を選ぶと失敗がありません。

塗り替えについての広告を見てみると10年間保障と明記してある業者も宇都宮市では多いです。十年間保障なら安心だというような人も多いですが、注意しておきたいのが保証の意味です。大多数の場合は保証が認められるのは外壁の部分だけで外壁から塗装材がはがれ落ちたときのみ保障が認められます。しかし、外壁から塗料がはがれ落ちるケースはそうめったにはないですし、外壁よりもはがれ落ちてしまいやすい鉄やトタンなどのところは10年間保障の対象とならず、せめても二,三年前後というような保証の中身になっている事がたいていのようです。