外壁部分が古ぼけてきたら、壁の塗り替えの時機が来ていると考えられます。色がおとろえているのは、塗料が酸性雨等により顔料を分解されてきているということになります。一部だけ塗装が剥脱している場合も同じになります。もっと老朽化が進むと、外壁を指で触れた際に塗装材が付着します。この現象を塗膜の白亜化と称し、さいたま市緑区でもこうなったら外壁の塗装の時機と判断していいです。

建物の外壁の形はモルタルの壁、サイディング材というのがさいたま市緑区でも多く、ほかには板張りなどがあります。モルタルは、砂やセメント等を混ぜ合わせたモルタルを左官屋が壁に塗って、そこに塗料を塗って作る工法で、サイディングボードが登場する以前は多数派でした。近年のほとんどはサイディングボードを使った壁で、あらかじめ作業場などで作り出されたサイディングと呼ばれる外壁材を貼っていく形で完成させていきます。どちらの壁も定期的な外壁の塗り替え作業が大切である点では同じになります。