見積りの際に目を通しておく箇所として下地調整を行うケレン作業があります。以前の塗装の油膜を除去して壁のコンディションを整えておく施工で、この作業をやらないと、新規の塗装材がきちんと効き目を出せなかったり、早期に剥がれてしまったりします。駒込でも、下地処理は時間がかかってくるため、なかには、これらの工程を省いてしまう所も存在するので注意が必要です。施工日程がとても短かったり、代金がとても安価な時は、下地処理のケレン作業をしているかを確認しましょう。省かれている時は聞くようにしてください。

外壁の塗装会社は急にやってきて面倒くさいといった印象をいだく人が駒込でも多いようです。たちの悪い直接営業をしてくるようなところもあるため注意を払うことが必要ですが、家の外壁を見て壁の塗装をしたほうが良いと思ってやってくる業者もいます。実際問題として、外壁部分の痛みをその状態のまま何もしないでいると建造物はすぐに傷んでしまいますし、定期的な壁の塗り替え作業は欠かせません。外見をかっこよく保持するという目的に限らず、家を維持するためにも外壁の塗装作業は必要であるということをきちんとわかっておくことも必要です。