外壁にはサイディングと呼ばれる人工の壁も静岡市では頻繁に利用されています。サイディングならばメンテナンスをしなくてもいいといった印象を持っている人も多いですが、モルタルと同じように外壁の塗装は欠かせません。だいたい10年程度で塗り替えをすれば、だいたい三十年位はもちますが、塗り替えをしないままでいると早期にひび割れなどのような問題により使えなくなってしまいます。サイディングだとしても表層は塗膜によって守られているという事に違いはないです。

建物の外壁に起こる問題としては、ヒビ割れやカビやコケ等が挙げられます。クラックはというと構造のズレ等が要因でおこりますが、たいていのケースで修復は可能です。かび汚れというのは湿気の多い場所に発生しやすく、塗料の防かび剤の効力が弱かったりしたときに起きます。緊急に対応すべきトラブルではないのですが表向きも良くないですし、その状態のまま放っておくと老朽化してますので壁の塗装を行うのも選択肢です。塗膜が剥脱するといったケースは静岡市でもたくさんはないのですが、多くのケースは作業上の過失です。