外壁塗装会社は戸別営業がしつこいというようなイメージが荒木でも広まっています。ポスティング広告ビラを撒いてくるだけでなく、外壁の塗装をしませんかというように直接現れることも増えています。どうして飛び込み営業をするのでしょう。その理由は壁が外からむき出しだからです。セールス担当者は町を歩き、個々の壁部分を調べていって、壁部分が老朽化している所を探して営業をかけているのです。すべての家に訪ねてくるのではなく、壁の塗り替えをしたほうがよい家を探して営業をかけているのですが、中には、迷惑な戸別営業を行うところもあるため気をつけましょう。

見積りの際に見るポイントとして下地調整を行うケレン作業か挙げられます。元の塗装を除去して外壁の下地を整えておくもので、これらを省いてしまうと、新規の塗料がきちっと機能しなかったり、早めにはがれたりします。荒木でも、下地調整というのは手間と時間がいるので、この作業をやらないでおくところもあるようなので気をつけてください。施工日程がものすごく少なかったり、代金がすごく安価だったりする際には、この施工を行っているかを確認しておきましょう。記載していない時はたずねるのがよいです。