見積もりのときに注視しておく項目として下地処理のケレン作業があります。元の塗装をのぞいて壁のコンディションを調整するもので、この作業をしておかないと、新しい塗料がきっちりと塗れなかったり、早期にとれてしまったりすることも多いです。浅草でも、下地調整を行うケレン作業というのは手間と時間がかかってくるため、なかには、これを省略するところも存在するので注意を払わなくてはなりません。施工日程がかなり迅速だったり、費用が非常に格安なときは、この施工を施しているかをチェックしてみてください。記述がない場合は質問をぶつけてみるようにしてください。

持ち家の塗り替えをしてもらうタイミングは、家を建ててから、もしくは過去の塗り替えからでいうと、普通は浅草でも10年位になります。もちろん、場所などによって違ってきますが、標準ではその位になります。なかには、建築の時に低品質の塗装材 をつかっていたり、塗装材 自体を使ってなかったりする事もあり、そういうときはすぐに外壁が劣化するということも多々あります。外壁塗装というものはクラックなどからガードするというような狙いもあるので定期的にするようにしてください。