持ち家の壁の塗り替えをやってもらうタイミングは、建物が完成してから、または前の壁の塗り替えからの年数でいうと、通常、碧南市でもおよそ10年前後です。もちろん、場所などによっても異なりますが、標準としてそんな感じです。中には、新築の際に質の低い塗料で済ませていたり、ハナから塗装材 自体を利用してないような時もあって、その時にはたちまち外壁が傷んでしまうというような事もあります。外壁の塗り替えというものはひび割れ等からガードするというような目的もあるので一定期間で行ってください。

外壁の塗装の見積もりが出されたときに点検するポイントとしては重ね塗りの工程が考えられます。碧南市でも通常重ね塗りの回数というのは下塗り、中塗り、上塗りの三回作業します。日射があたる南の方角等、減衰が大きい壁は四回になる事もある一方、紫外線が当たらない所は二回になることも考えられます。重ね塗りを何回するかにより使う塗料の分量も料金も差が出てきますのでしっかり目を通しておきましょう。見積もりについては、重ね塗りを何回施すかをチェックし、省かれている場合は質問をぶつけてみるようにしてください。適当な答えを返してくる会社は、別のところにした方が良いです。