壁が色あせてきたら、壁の塗り替えのタイミングであると考えていいです。見た目が衰えてきているということは塗膜が紫外線などで顔料を分解されてきているという事です。塗装材が落ちてしまっている場合も同じになります。さらに劣化が進むと壁を手で触った時に塗装材が付着してきます。これらを塗料の白亜化と言い、下地でもこうなったら外壁の塗り替えのタイミングと考えてください。

外壁に生じる問題には、ヒビ、かび等があります。ひびというのは建物のズレ等から生じますが、ほとんどのケースでは補修可能です。カビやコケはというとジメジメした所に発生しやすく、塗装材の防かび剤の効き目が弱かったりしたときに起こります。緊急にどうにかすべきものではありませんが見た目も汚いですし、そのままで放置しておくと老朽化してますので壁の塗り替えを施すこともありです。塗装がとれるということは下地でも珍しいのですが、多くの場合は塗装の際の過ちによるものです。