壁の塗装をする際に気をつけておきたいのが色の選択です。あらかじめ塗料の色見本を元に選んでいく形になりますが、塗装してみると考えていた色と違うように仕上がったということが本巣市でもありがちです。どうしても色サンプルで見る色のフンイキと壁一面に塗られたものとでは印象は変わってきてしまうことも多いです。周囲の建造物とのフィット具合を想像してみることもポイントになります。基本的に、鮮やかな色だと年数とともに汚れが目立つので、落ち着いた色彩にすると失敗が少なくなります。

外壁に起こりがちな異常としては、クラック、かび等があります。ひびというのは乾燥状態や建物のズレなどによって起きますが、たいていのケースでは修繕は可能です。カビは太陽が当たらない部分にでやすく、塗装材のかびを予防する効き目が弱かったりした時に生じます。緊急に対応すべきものではないですが美観も悪いですし、何もしないでおくと老朽化してしまいますので塗り替えを施すのも考えられます。塗装の皮膜が取れるという事は本巣市でもあまりないのですが、たいがいの場合は施工の過ちになります。