外壁と同じく屋根の管理も不可欠です。屋根というのは壁以上に風雨をうけるので老朽化も早くなる部分なのですが、めったなことでは見えない部分ですし、いたみを危惧する方も細谷では多くはありません。劣化が進むと、家の中に水がしみこんで腐敗等が生じるときもありますので、一定期間でのメンテが重要になります。サイクルは外壁と同じくおよそ7,8年前後より十年位を目安に塗り替えをするのが通常のやり方ですが、瓦の屋根は塗り替えを行う必要はありません。

外壁塗装業者は飛び込み営業ばかりしてくるというようなイメージが細谷でも持たれています。ポスティング広告ビラを配ってくるのはもちろん、外壁塗装を安くしますよという感じでとつぜんたずねてくることも多くなっています。どうして飛び込み営業が多いのかというと、そのわけは建物の壁が外から見えてしまうからです。営業担当者は住宅地を行き来して、ひとつひとつ外壁をチェックしていって、壁が古くなっていたりする家を見つけたらやってくるというわけです。闇雲に訪れるのではなく、壁の塗装をするべきところを見つけてたずねてくるのですが、なかには、うんざりする訪問営業をする悪徳業者もあるので注意が必要です。