下都賀郡岩舟町でも外壁の塗り替えというのは見栄えを良く保つというようなねらいだけにとどまらず、本来は家屋を覆って保持するというのが目的になります。壁の下地というのは塗装の塗膜で覆い隠すことによって守っているのですが、時間が経つと傷つき、剥がれてしまったりします。そのようになると家を保護することがむずかしくなって、柱等の建築物の造りにまで痛んでいくケースもあります。壁の下地が傷んでから壁の塗り替えを施すのでは遅いですから、そのような状況を避けるために早めの外壁の塗装が重要です。適切にケアをしていくことにより建造物も長期間もってきます。

外壁の形態ではモルタル、サイディング材が下都賀郡岩舟町でも一般的で、その他には板張り等になります。モルタルというのは砂やセメントなどを混ぜ合わせたモルタルを左官職人が壁に塗り、塗料を塗って作り上げるといった方法でサイディングボードがあらわれるまでは大部分をしめていました。このごろの多数派はサイディングボードを用いた壁ですが、前もって工場等にて作られたサイディングボードと呼ばれる外壁材を貼り合わせるように施工します。二タイプとも何年かごとの外壁の塗装が不可欠であるという点では変わりません。