建物の外壁の種類は、モルタルとサイディングが石巻市でも多く使われ、その他だとトタンや板等があります。モルタル外壁はセメントと砂等を練り混ぜて作ったモルタルを左官屋さんが壁につけて、さらに塗装して完成させるというようなやり方で、サイディング材が普及する以前は日本の家の多数派でした。現在の大半はサイディングボードを使った壁で、先立って工場などで製造されたサイディング材と言われる壁材を貼り合わせる形で作っていきます。いずれの壁も定期的な壁の塗り替えが不可欠であるということでは同じです。

壁の塗り替えについての見積りが出た際に確認するポイントとして、重ね塗りが考えられます。石巻市でも基本的には重ね塗りは3回実施します。また、太陽光が当たる側など、老朽化が著しい所については4回実施する事もありますし、劣化が少ない場所は二回になる事も考えられます。重ね塗りの回数で塗装材の金額も差が出てきますのでしっかり目を通しておきましょう。見積り書では、これらを何回するかに気をつけ、省略されている場合は伺ってみるようにしてください。雑な答えをしてくる感じの所は、頼まない方がよいです。