家の壁部分が色あせてきたら、壁の塗装の時期になったと考えてください。外見が変わっているという事は、塗装材の表層が雨風などで組織を壊されてしまっているということです。一部だけ塗装材が取れているときも同じです。もっと老朽化が進むと、壁をさわった時に塗装が付着してきます。このことを塗膜の白亜化と呼び、高槻市でもこのようになったら外壁塗装のタイミングと思われます。

外壁塗装についての見積り書が出た際に目を通しておくポイントとしては重ね塗りの作業が考えられます。高槻市でも基本的に重ね塗りは3回施工します。日差しを受ける南西の方角など、老朽化が著しいところというのは四回やることもありますし、痛みが少ない場所については二回になることも考えられます。重ね塗りを何回施すかによってつかう塗料の金額も変わってきますのでしっかり目を通しておきましょう。見積もりでは、これらを何回施すかを注視し、省略されている場合は訊ねてみるようにして下さい。あいまいな受け答えをしてくる感じの所は契約しないほうが無難です。